カネボウ 白斑

MENU

カネボウのロドデノール配合の美白化粧品の白斑問題とは?

カネボウの白斑問題は2013年7月に販売された医薬部外品のロドデノール(カネボウの独自開発の成分)を配合した美白化粧品を使った方の肌がまだらに白くなる白斑症状の被害が起き、自主回収になったという問題です。

 

美白化粧品について調べているとよく見かけるお話でもあります。
できてしまったシミを無くすことを目的とした美白成分として注目されましたが、症状を確認した方は1万人以上いるなど、ニュースでも取り上げられた問題です。

 

白斑問題となった成分ロドデノールとは?

大手化粧品メーカーのカネボウが開発した医薬部外品の美白成分で、白樺の樹皮などに多く含まれる成分で、カネボウ独自の美白有効成分として注目されました。

 

ロドデノールはメラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの機能を抑制する働きが期待できるとされ、新規医薬部外品有効成分として厚生労働省の認可を取得をしました。

 

その後、ロドデノール配合化粧品が全国の販売店などで販売されましたが、使用した方からの肌がまだらに白くなるという副作用が表れた方が皮膚科にて診察を受けるなど、カネボウの調査にて症状が表れている方の数が5000人以上となり、問題となりました。

 

厚生労働省が効能を認めたという点では一定の改善効果が表れたということになりますが、その時点で把握していなかった点がこの白斑問題へと繋がったと言えます

 

白斑は治すことは可能?治療法は?

生まれつきの白斑ではなく、後天的にできた白斑の治療はステロイドによる治療、光線療法などがありますが、現時点で確実に治せる治療というものは確率されていないようです。

 

美白化粧品を使う上での注意点にも繋がる白斑問題

カネボウの白斑に関する自主回収のお話は、被害人数も多く、メーカー自体がとても大きいことから、社会問題として取り挙げられましたが、美白化粧品を使う上でも注意するべき点とも言えます。

 

例えば、新しい美白成分などは販売実績や実際に使用されている方が少ないため、信頼性が不足します。
また、美白化粧品は使う方の肌質によっては肌に負担となる場合もあります。

 

カネボウと同様に白く皮膚の色が抜け落ちる白斑のトラブルはゼロではありません。
カネボウだけでなく、過去に白斑が生じた化粧品メーカーも存在します。

 

そのため、美白化粧品を選ぶ時には配合されている成分に対する安全性が認められていることなどをしっかりと見極める必要があります。

 

 

ロドデノールはカネボウとカネボウ関連会社の化粧品のみで使用されていた成分ですので、他社の美白化粧品は、ロドデノールによる白斑とは関係はしないです。

 

カネボウの白斑問題のその後としては症状が表れた方への個別訪問や治療費などの負担、そして慰謝料などの賠償対応や白斑をカバーすいるメイク用品を提供するといった対応を行っているようです。(カネボウのホームページで現在の報告が掲載されています。)

 

問題となった後もカネボウは美白化粧品を販売していますが、以前からのファンも多く、愛用されている方も多いです。


 

お得なトライアルセットで美白ケア

美白化粧品

美白化粧品特集メニュー

美白化粧品 美白化粧品 美白化粧品